小山市文書館
 
トップページ 文書館の概要 文書等の概要 検索システム 文書等の閲覧 文書館ギャラリー 利用案内
過去に学び、現在を知り、未来を創造する
文字の大きさを変更できます。
文書館の概要

文書館の概要>小山市文書館はどんなところ?


・小山市文書館はどんなところ?
設置までの経緯は?
どんな建物?
小山市文書館 年表
文書館の建物は国登録有形文化財
文書館への文書等の流れ

小山市文書館はどんなところ?

 小山市文書館では、市民のみなさんの共有の財産として、後代に永く伝えていくために、歴史的に価値のある市の公文書や、古文書、その他の史料等の収集・整理・保存を行ない、閲覧などに利用していただくなどの活動を行います。

 いわゆる“過去に学び、現在を知り、未来を創造する”ための施設です。



設置までの経緯は?

年  月 

内  容

昭和51年4月

市史編さん事業開始

昭和53年3月

市史監修者等、古文書の収蔵・保存および公開施設の設置に関する要請書を市長等に提出

昭和58年3月

市立博物館開館

昭和60年6月 市史監修者等、市立文書館設置に関する要請書を市長等に提出
昭和62年2月 市議会において文書館の設置について質問。以降、十数回質問
昭和62年11月 市立博物館より、同協議会に公文書館の建設を諮問。「実現を図るべき」と答申
昭和62年12月 公文書館法制定 (昭和63年6月施行)
平成元年2月 第1回文書保存講演会を開催。以降、毎年実施
平成元年5月 栃木婦人問題研究会小山支部が、近・現代における小山市の歴史資料収集・整理保存に関する請願を市議会に提出、採択
平成7年1月

文書保存庫にて公文書(有期限文書)の暫定的な選別作業を開始

平成8年9月

小山市に文書館設置を進める会が、市立文書館建設についての要望書(署名1,500人)と史料所蔵者からの要望書を市長等に提出(最終的に7,000人の署名)

平成9年2月 市立博物館古文書愛好会・同古文書にチャレンジの会が、市立文書館建設についての要望書を市長等に提出
平成9年5月 小山市に文書館設置を進める会が、市立文書館建設についての陳情書を市議会に提出、採択
平成10年11月 市公文書館基本構想検討委員会を庁内に設置
平成10年12月〜平成12年3月
小山市文書館基本構想検討委員会で公文書館設置について検討。「市庁舎と同一の施設とすることが望ましく、新庁舎建設計画において検討する」との結論
平成17年10月〜平成18年9月
小山市文書館検討委員会、小山市文書館検討懇話会等で文書館設置について検討。当施設を文書館として活用することとし、「小山市文書館設置構想」を策定
平成19年3月 当施設(本館・石蔵)を国の登録有形文化財とする答申を受ける
平成19年4月 小山市文書館開館
 

どんな建物?

 小山市文書館は、昭和5年(1930年)に裁判所の出張所として建築され、現在は国の登録有形文化財(本館・石蔵)とされている貴重な建物です。

 小山市文書館の建物としては、本館・石蔵・作業室があります。

施設概要

[建物構造・面積]
○本館
木造・1階建
94.68u
○石蔵
大谷石造・2階建
(1F)19.65u(2F)19.65u(合計)39.30u
○作業室
プレハブ造・1階建
19.87u

 

次ページ 「小山市文書館 年表」へ

小山市文書館トップへ戻る