小山市文書館
 
トップページ 文書館の概要 文書等の概要 検索システム 文書等の閲覧 文書館ギャラリー 利用案内
過去に学び、現在を知り、未来を創造する
文字の大きさを変更できます。
文書館の概要
文書館の概要>小山市文書館 年表

小山市文書館 年表  ※さらに詳しい内容(文書館の建物は国登録有形文化財)


年月日

内容

明治19年(1886)

旧登記法の公布と同時に下都賀郡国分寺町小金井に小山出張所(名称不詳)が設置されたといわれている。

明治22年(1889)

小山出張所(名称不詳)、須賀神社境内沿いに庁舎を構える。主に登記事務を取扱う(明治23年説もある)。

明治23年(1890)
11月

栃木裁判所小山出張所(名称検討要)となったといわれている。

明治23年(1890)
12月

旧小山町大字小山字宿に庁舎を移転する(須賀神社境内沿いのことか)。この時、小金井から移転との説もある。

明治44年(1911)

『栃木県営業便覧』の須賀神社参道北側に、「栃木区裁判所小山出張所」と記される。

大正4年(1915)

『小山町案内』に「栃木区裁判所小山出張所(須賀町)」と記される。

昭和5年(1930 )
4月18日

小山町、多年の懸案であった栃木区裁判所小山出張所の新築。関係各町村の寄付金が完納となり、指名入札の結果、関貞之助氏が落札し、工事に着手する。以来120日を要する。工費金4,315円(増工事その他含む)。

昭和5年(1930)
5月28日
栃木区裁判所小山出張所、上棟する。

昭和5年(1930)
7月20日

栃木区裁判所小山出張所、貸供庁舎竣工する。

昭和5年(1930)
8月10日

栃木区裁判所小山出張所、貸供庁舎完成する。司法省との賃貸契約が成立する。「昭和五年度小山町歳入歳出決算書」に、昭和5年8月10日より同6年3月31日まで小山登記所家賃、77円9銭の収入済額とある。

昭和5年(1930)
8月11日

栃木区裁判所小山出張所、新庁舎に移転し事務を行なう。新庁舎、大字神鳥谷字笹堀741、1740、2742−2、土地・建物は小山町所有、賃貸。地番1740と2742−2は、それぞれ740,742の誤りと思われる。これらは741の東と南に存在した。

昭和6年(1931)

「昭和六年度栃木県下都賀郡小山町歳入歳出予算書」に、栃木区裁判所小山出張所賃貸借家料、1か月10円、年120円と記される。

昭和12年(1937)
6月

『小山・市制施行10周年記念誌』(昭和39年)に「現庁舎は昭和12年6月に完成されたものです。」と記される。また、写真の説明には「宇都宮地方法務局小山出張所 神鳥谷712番地」とある。地番712番地は字本村にあり、誤りと思われる。これらの記述については、検討の必要がある。

昭和22年(1947)

裁判所分離、司法事務局承継

昭和24年(1949)
6月

法務省設置法の一部改正により、宇都宮地方法務局小山出張所と改称する。

昭和26年(1951)
3月

『小山町勢要覧』に「宇都宮地方法務局小山出張所、神鳥谷741−1、電話361、代表者 豊田九十九」と記される。電話番号は、花垣町にある現宇都宮地方法務局小山出張所において、22−0361として使用されている。

昭和31年(1956)

宇都宮地方法務局小山出張所、賃借料月400円、年4,800円

昭和33年(1958)
9月16日

本村土地区画整理換地により、「神明町2丁目216番地」となる。土地小山市所有を確認できる。

昭和39年(1964)

『小山・市制施行10周年記念誌』に「宇都宮地方法務局小山出張所」と記される。写真も掲載され、門の表札に「宇都宮地方法務局小山出張所」とある。本庁舎の屋根は瓦葺。東側に存在した瓦葺の屋根が一部見られる。

昭和42年(1967)
7月26日

宇都宮地方法務局小山出張所、補修工事行なわれる(8月24日まで)。

昭和42年(1967)
12月21日

宇都宮地方法務局小山出張所、便所補修、その他工事行なわれる(同43年1月4日まで)。

昭和44年(1969)

『市制施行15周年記念誌・小山』に「宇都宮地方法務局小山出張所」と記される。写真も掲載され、門の表札に「宇都宮地方法務局小山出張所」とある。屋根は瓦葺き。玄関部分が改修されていることがわかる。

昭和45年(1970)
4月

宇都宮地方法務局小山出張所、現在地、小山市花垣町1丁目13番40号に移転する。

昭和45年(1970)

小山市街地開発組合事務所として活用する。

昭和48年(1973)

航空写真には、瓦葺の屋根が見られる。

昭和49年(1974)

『小山市地積集成図』に「八幡町2丁目216」とある。現八幡町2丁目4番24号、現在地に同じ。

昭和50年(1975)

小山市街地開発組合事務局としての活用を終了する。

昭和50年(1975)
1月21日

自衛隊小山募集事務所として活用する。

昭和56年(1981)
2月28日

自衛隊小山募集事務所としての活用を終了する。

昭和56年(1981)
4月1日

改装して、小山市消費生活センターとして活用する。

平成17年(2005)
3月31日

小山市消費生活センターとしての活用を終了する。

平成19年(2007)
3月

本館(旧庁舎)・石蔵、国の登録有形文化財とする答申を受ける。

平成19年(2007)
4月11日

小山市文書館開館


次ページ「文書館への文書の流れ」へ

小山市文書館トップへ戻る